‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

意外な盲点、すすぎに注目

2014/01/20

毎日洗う髪ですが正しいシャンプーの仕方を行わないことで髪に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。
汚れを落としきれいにするために行っているシャンプーで、大切な頭皮や髪にトラブルがあっては困ります。
まずシャンプー前に動物毛等のブラシで力の血行を促すようにブラッシングをします。
このひと手間で毛穴の油の汚れの落ちが格段に変わってきます。
シャンプー剤を髪につける前にお湯で地肌の隅々までしっかりとゆすぎます。
頭の油分はこのときのゆすぎでほとんど洗い流すことができます。
その後に適量手に取り少量のお湯で泡立てたシャンプー剤を髪全体になじませ、頭皮をやさしくこすり洗いします。
全体的にシャンプー剤を行き渡らせしっかりと泡立てた後洗い流すのですが、その時のすすぎがとても大切になります。
髪や頭皮にシャンプー剤の洗い残しが無いように、しっかりと洗い流す必要があります。
洗い残しがあると地肌に残ってしまったシャンプーの成分により、頭皮を痛めてしまい頭皮トラブルの原因になります。
また毛穴に残ってしまうことで抜け毛も引き起こします。
シャンプーはあくまで余分な皮脂やスタイリング剤などを洗い流すためのものです。
しっかりと洗い流すことでその後のコンディショナーやトリートメントの吸収も良くなります。

ヘアケアよりも頭皮ケア

2014/01/20

近年は髪染めをするよりもナチュラルな黒髪が人気となっていますが、その状態をキープする為にはヘアケアが大切です。
しかし、それ以上に大切なのが頭皮ケアです。
頭皮を健康的な状態にする事によって丈夫で綺麗な髪の毛が生え易くなりますので、黒髪も維持し易くなります。
反対に髪の毛に対してのケアを一生懸命行っても、頭皮の状態が悪くなってしまうと髪質の悪化にも繋がってしまいます。
では、頭皮ケアをする際にはどういった事が大切なのかと言いますと、まず頭皮の脂分と水分のバランスを整えてあげる必要があります。
頭皮には脂分と水分が必要不可欠ですが、それぞれのバランスを整える事で頭皮環境が良くなります。
その為にはシャンプー選びからきちんと行う必要があります。
頭皮に合わないシャンプーを使ってしまうと頭皮環境の悪化を招きますので注意が必要です。
他にも洗い方にも気を配る必要があります。
シャンプーをする際に頭皮を擦ってしまうとダメージを与える事になりますので、頭皮を過剰に擦らずに揉むようにして洗う事が大切です。
また、揉み洗いをする事によって頭皮のマッサージ効果を得る事ができますので、それによって血流が良くなり健康的な髪の毛が育ち易くなります。

良質のタンパク質をとる

2014/01/20

美しい黒髪をキープするには、食べ物から髪の毛の材料となる栄養素をしっかりとることが大切といわれいます。

たとえば、肉や魚に多く含まれる良質なタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて小腸から吸収された後、複数の種類のアミノ酸が結びついたケラチンという物質に作り替えられて、髪の毛になります。
このとき、材料となるアミノ酸が不足すると、当然、髪の毛も合成されにくくなるので、健全な髪の毛が生成されなくなってしまいます。
つまり、健康的な髪の毛をつくるためには、食べ物から髪の毛の材料をどんどん供給する必要があるわけです。

髪の毛の材料となるアミノ酸は、肉類や魚類などから摂取できますが、これらは高カロリーなものが多いので、生活習慣病を招く危険性が高まります。
同様の栄養素は、低カロリーな豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品にも多く含まれているので、これらを積極的に普段の食事に取り入れることが大切です。

以上のように、美しい黒髪をキープするには、食べ物から髪の毛の材料となる栄養素を積極的に摂取することが重要といえます。
ただし、ツヤのある黒髪をつくるには、その他にもビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類や亜鉛、カルシウム、銅などのミネラル類も必要です。
これらの多くは、肉類、魚介類、大豆製品などにも含まれていますが、ビタミン・ミネラルは、体内の様々な物質の合成で消費されるので、意識して摂らないと不足しがちになります。
ミネラル類は海藻類やナッツ類に、ビタミン類は緑黄色野菜やナッツ類に多く含まれているので、これらを食事に積極的に取り入れて、栄養バランスのよい食生活を心がけることが大切です。

 

睡眠不足は大敵

2014/01/20

髪の毛の健全な成長を促し、キレイな黒髪をキープするためには、睡眠不足は大敵といわれています。
これにはいくつかの理由があります。

たとえば、タンパク質の合成を促進する作用を持ち、髪の毛の成長に重要な働きをする成長ホルモンは、睡眠時に多く分泌されることが知られています。
一般に、成長ホルモンは、脳下垂体から睡眠中に2〜3時間間隔で分泌されており、特に副交感神経が活発になる午後10時から午前2時までの間が最も多く分泌されるといわれています。
つまり、夜ふかして十分な睡眠時間が確保できなかったり、最も多く分泌される時間帯を逃してしまうと、1日に分泌される成長ホルモンの量が少なくなってしまうので、髪の毛の健全な成長が阻害され、キレイな黒髪を維持できなくなってしまうのです。

また、髪の毛の健全な成長には、体の健康状態と密接な関係があるので、キレイな黒髪を維持するには、疲労やストレスを溜め込まず、健康な体を維持する必要があります。
睡眠は、体の疲労を回復するとともに、頭をすっきりさせてストレスを解消してくれるので、健康的な体を維持するために不可欠といえます。

以上のように、年齢を重ねてもツヤのある黒髪をキープするには、毎日の睡眠時間を十分に確保することが大切です。
ただし、睡眠時間が十分だとしても、夜中に何度も目が覚めてしまうようでは、あまり意味がないので、睡眠の質も重視すべきでしょう。
なかなか寝付けないときには、たとえば、寝る前に軽いストレッチをしたり、不眠症の改善に効果的なトリプトファンを多く含む乳製品や大豆製品を積極的に摂るなど、ぐっすり眠れるように工夫しましょう。

黒髪を守る方法について

2014/01/20

年齢を重ねると体や肌は老化をします。同じく髪の毛も薄くなったりハリがなくなってきます。それは自然で仕方がないことですが、ケアをすることで老化を防ぐことも可能になります。特に日本人特有の黒髪は美しく、外国人からの憧れの的でもあります。黒くてハリがありキューティクルがしっかりと整った髪は女性の永遠の憧れです。また近年では茶髪から黒に戻す方も増えてきました。黒い髪が流行になりつつある今、ヘアケアで髪を守ることが将来の美しい髪を作っていく礎になるのです。ケア方法としては育毛剤を利用することで頭皮に栄養がいきわたり、その結果太くてハリのある髪が生えてくるようになります。多くの育毛剤が髪に付けた後に指の腹でトントンとマッサージを行うだけととても簡単なので、忙しい方でも実践をして頂けるでしょう。また紫外線から髪を守ることも重要です。肌には日焼け止めを塗って保護をするのに、髪の毛には無頓着だという方は少なくありません。外出時には帽子を被ったり日傘をさすなどして髪や頭皮を紫外線から守ってあげるだけでパサつきを防ぐことが出来ます。他にはストレスを溜めないことも重要です。ストレスによって抜け毛が増えたり髪に白い物が混じるといったことも増えるので、ストレスを上手に発散するようにするのが大切です。

オリーブオイルで頭皮マッサージ

2014/01/20

頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、頭皮環境が悪化すると、ツヤのある黒髪が生えにくくなってしまいます。
ところが、頭皮をキレイにしようと、洗浄力の強いシャンプーを使って丁寧に洗い過ぎてしまうと、皮脂を過剰に取り除いてしまうと、頭皮が乾燥したり、乾燥した頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌されたりするなどのトラブルが起こってしまいます。

こうしたときにオススメなのが、オリーブオイルなどの天然のオイルによる頭皮マッサージです。

この方法は、天然のオイルで頭皮や毛穴の皮脂や汚れを落としながら、頭皮を揉みほぐして柔らかくすることで、健康な髪の毛の生えやすい環境をつくるというもので、基本的にシャンプー前に行います。
マッサージは、事前に髪の毛のもつれやホコリをブラッシングなどで落とした後に、オイルを手に取って頭皮につけ、生え際・頭皮・後頭部を中心に、5分程度を目安にして頭皮が柔らかくなって気持ちが良いと感じるくらい丁寧に行います。

油は皮脂を溶かす性質を持つので、頭皮の皮脂や汚れを浮かび上がらせて無理なく落とすことができ、シャンプーの前にオイルで頭皮がコーティングされるので頭皮が乾燥する危険性を軽減できます。
また、マッサージによって頭皮の血行が促進されるので、頭皮の新陳代謝を活発にする効果も期待できます。

以上のように、ツヤのある黒髪が生える環境を維持するには、オリーブ油などによる頭皮マッサージが効果的といえます。
ただし、食用のオリーブ油を利用すると刺激が強過ぎる場合もあるので、肌ケア用や手作りコスメ用として販売されているオイルを利用することをオススメします。

黒すりゴマで内側からケア

2014/01/20

毎日欠かさず食事を取っていても、一日に必要な成分が、摂取出来ているとは限らず、むしろ足りない成分の方が多い、という状態が多々あります。体を順調に維持していく必要上、どうしても、最低限の摂取が望まれるものもあれば、兎も角少なくても、それ相応になってしまうものがあります。その結果、成分の足りないところに関しては、負担が掛かり、人よりも早く、細胞が老化の一途をたどることにも成りかねません。やはり日常の食生活の上で、成分摂取など体の内側からのケアが、とても大切になってきます。若いころというのは、細胞も活発になり、自分自身で必要な成分を、作る働きがもあり、通常の食事でも十分賄えるものです。特にこれが一旦、年齢を重ねてしまった人であればあるほど、若い時よりは、体で作る成分が減少するばかりで、外からの補給が無い限り、そまま不足状態が続いてしまいます。日常の食事に即応用できる、黒すりゴマなどはビタミンもあり、年齢から出てくる初期の色々な状態を和らげ、若々しさの維持をする手助けとなります。毎日の生活に取り入れた、成分摂取という、食べ物による内側からのケアで、より自然な行いで、それ相応の効果が期待されてきます。

抜くのはNG

2014/01/20

髪の毛の状態というのをできるだけ若々しくキープして行きたいというように考えるのは多くの人に共通したことではないでしょうか。
そのため年齢が高くなってきても、できるだけ黒々とした頭髪を維持したいというように考え、ケアしている人が非常に多いということが言えます。
髪の毛にうっすらと白いものが目立ってきたという事に気が付いた時に、ついついその白い髪の毛を抜くことをしがちですが、こういったことで減るかというと一時しのぎでしかないわけですから、当然状況というものは好転しないということが言えます。
むしろそういった抜いてしまうという行動によって頭皮が傷ついてしまったり、また全体量というのが減ってしまうということからボリュームが無くなってきたというように感じるということにもつながるので、NGであるということを知っておくべきです。
NG行動をすることによって、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまということにもなるので、若々しい髪の毛をキープするためにはやはり、食生活を見直してみたり、髪の毛にいいものを利用してケアしてみるというようなことに意識を向けるという方が建設的であるということが言えるのではないでしょうか。

白髪になる原因について

2013/12/18

白髪になる原因は様々です。一般的によく知られている原因は加齢です。通常は30歳代中頃から生えるようになり、50歳以上では9割以上の人にあると言われています。また、遺伝的な要素も大きいとされています。

こうしてみると防ぎようがないように思われるかもしれませんが、自分の努力で減らすことができる原因もあります。たとえば、乱れた食生活を改善することです。栄養バランスが悪い食事をしていると、髪の色素であるメラニンがうまく生成できなくなってしまいます。髪によいとされる成分の一つにヨードがあります。こちらは、ワカメや昆布などの海藻類に多く含まれています。また、チロシンもメラニン色素の原料となり、不足すると髪に良くないとされています。チロシンは豆腐やバナナ、チーズなどに含まれています。

また、食生活以外の生活習慣も大きく影響します。なるべくストレスを減らすか解消することは髪にとって大事です。また、喫煙は細胞を破壊するため、禁煙をすることが望ましいです。睡眠不足も髪に良くないため、夜更かしをせずに極力早く寝るとよいでしょう。また、紫外線にも影響を受けるため、極力帽子や日傘などで紫外線対策をすることは重要です。