白髪になる原因について

白髪になる原因は様々です。一般的によく知られている原因は加齢です。通常は30歳代中頃から生えるようになり、50歳以上では9割以上の人にあると言われています。また、遺伝的な要素も大きいとされています。

こうしてみると防ぎようがないように思われるかもしれませんが、自分の努力で減らすことができる原因もあります。たとえば、乱れた食生活を改善することです。栄養バランスが悪い食事をしていると、髪の色素であるメラニンがうまく生成できなくなってしまいます。髪によいとされる成分の一つにヨードがあります。こちらは、ワカメや昆布などの海藻類に多く含まれています。また、チロシンもメラニン色素の原料となり、不足すると髪に良くないとされています。チロシンは豆腐やバナナ、チーズなどに含まれています。

また、食生活以外の生活習慣も大きく影響します。なるべくストレスを減らすか解消することは髪にとって大事です。また、喫煙は細胞を破壊するため、禁煙をすることが望ましいです。睡眠不足も髪に良くないため、夜更かしをせずに極力早く寝るとよいでしょう。また、紫外線にも影響を受けるため、極力帽子や日傘などで紫外線対策をすることは重要です。