意外な盲点、すすぎに注目

毎日洗う髪ですが正しいシャンプーの仕方を行わないことで髪に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。
汚れを落としきれいにするために行っているシャンプーで、大切な頭皮や髪にトラブルがあっては困ります。
まずシャンプー前に動物毛等のブラシで力の血行を促すようにブラッシングをします。
このひと手間で毛穴の油の汚れの落ちが格段に変わってきます。
シャンプー剤を髪につける前にお湯で地肌の隅々までしっかりとゆすぎます。
頭の油分はこのときのゆすぎでほとんど洗い流すことができます。
その後に適量手に取り少量のお湯で泡立てたシャンプー剤を髪全体になじませ、頭皮をやさしくこすり洗いします。
全体的にシャンプー剤を行き渡らせしっかりと泡立てた後洗い流すのですが、その時のすすぎがとても大切になります。
髪や頭皮にシャンプー剤の洗い残しが無いように、しっかりと洗い流す必要があります。
洗い残しがあると地肌に残ってしまったシャンプーの成分により、頭皮を痛めてしまい頭皮トラブルの原因になります。
また毛穴に残ってしまうことで抜け毛も引き起こします。
シャンプーはあくまで余分な皮脂やスタイリング剤などを洗い流すためのものです。
しっかりと洗い流すことでその後のコンディショナーやトリートメントの吸収も良くなります。