良質のタンパク質をとる

美しい黒髪をキープするには、食べ物から髪の毛の材料となる栄養素をしっかりとることが大切といわれいます。

たとえば、肉や魚に多く含まれる良質なタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて小腸から吸収された後、複数の種類のアミノ酸が結びついたケラチンという物質に作り替えられて、髪の毛になります。
このとき、材料となるアミノ酸が不足すると、当然、髪の毛も合成されにくくなるので、健全な髪の毛が生成されなくなってしまいます。
つまり、健康的な髪の毛をつくるためには、食べ物から髪の毛の材料をどんどん供給する必要があるわけです。

髪の毛の材料となるアミノ酸は、肉類や魚類などから摂取できますが、これらは高カロリーなものが多いので、生活習慣病を招く危険性が高まります。
同様の栄養素は、低カロリーな豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品にも多く含まれているので、これらを積極的に普段の食事に取り入れることが大切です。

以上のように、美しい黒髪をキープするには、食べ物から髪の毛の材料となる栄養素を積極的に摂取することが重要といえます。
ただし、ツヤのある黒髪をつくるには、その他にもビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類や亜鉛、カルシウム、銅などのミネラル類も必要です。
これらの多くは、肉類、魚介類、大豆製品などにも含まれていますが、ビタミン・ミネラルは、体内の様々な物質の合成で消費されるので、意識して摂らないと不足しがちになります。
ミネラル類は海藻類やナッツ類に、ビタミン類は緑黄色野菜やナッツ類に多く含まれているので、これらを食事に積極的に取り入れて、栄養バランスのよい食生活を心がけることが大切です。